FAXDM送信代行による業者業績アップは業界最強の「ターゲット」へ!

トップページ

株式会社ターゲット TOP > FAXDM送信代行

TOPICS

FAXDM送信代行は初めて・・・という方も安心!
お客様へのアピール性 FAXDM送信代行の第一のメリットは、とにかくお客様の目にとまりやすいことです。どのように魅力的な情報が含まれているダイレクトメールでも、まずはお客様の目に触れなければ話にはなりません。しかし、FAXに送られてきたものなら、ほとんどの場合一度は内容に目を通します。お客様の目に触れるチャンスが増えれば、後はその内容次第で御社の知名度アップや、商品の購買率アップにつなげることができるというわけです。
会社スタッフ一同心よりお待ちしています。

会社サービス案内

優れたコストパフォーマンス
FAXDM送信代行の第二メリットは、その優れたコストパフォーマンスです。通常のダイレクトメールなどでは、枚数分の印刷物や封筒を用意する必要があるため、どうしてもコストが割高になってしまいがちです。また、その印刷物を実際に出す際の郵送料も馬鹿にできません。しかし、FAX一斉配信サービスなら用意する印刷物は原稿のみですみますし、1枚あたりの配信コストも郵送に比べて安価。そのうえ、不達分の料金は全くかかりませんので、大変お得です。

会社サービス案内

レスポンス
FAXDMのレスポンスがなかった会社に、電話でフォローしたら、何倍もお客さんが取れた。と言う喜びの声が寄せられています。お客様がレスポンスをしなかったからといって、関心がないわけではないのです。
FAX DM一斉送信1通、5円より
全国、どこまでも、どれだけ大量でも、いつでも、 FAXDM送信一通、5円別途 データ使用料は1件2円から、。合計1通7円で全国にFAXDMができます。さあ!やってみよう!文書容量A4サイズが基本です。これで、見知らぬ新規顧客との出会いが待っています。尚、検索・見積は、無料です。
利用料金例
特定地域にチラシのように送信される場合は、設定料 ¥5000・電話代(通信料)¥5・FAX番号レンタル代 ¥2となります。

会社トピックス

昭和50年革命
私が、社会に飛び込んだ昭和50年頃より、ゼロックスがコピー機を一番手に普及させました。まぁ青焼しかなかったのですから、便利になりました。それに卓上計算機とFAXが普及してきましたね。当時卓上計算機は6~7万円しました。私の給料と同じでした。FAXが40万円位でコピー機はなんと200万円は超えていましたね。当時社内ではコピーするのに稟議書が必要でした。FAXで見積書を送信したら、「ふざけた会社だから取引停止だ」と言われたり、算盤が得意の営業部長からは、計算機使用禁止令が出たりと大変懐かしい想い出がありますね。
FAXの歴史
FAXは1890年にイライシャ・グレイによって発明されました。グレイは1876年に電話機の仕組みも発明していますが、グラハム・ベルもほとんど全く時を同じ時に同じ構想を独自に考案しており、わずか2時間の特許出願のタイミング差によって、グレイはグラハム・ベルに特許を取得されてしまったという有名な逸話があります。グレイによってFAXが考案されたのはその10余年後なのです。
FAXDM原稿データの製作依頼
 ターゲットでは、FAXDM原稿データの製作について、基本的には原稿の製作を承っておりませんが、どうしても、お客様から原稿データを入稿することが困難な場合は、有料にて弊社のデザイナーがお客様のご意向に沿って原稿を作成させて頂きます。テキストや一番目立たせたい文字や、伝えたい一言、詳しい細かいテキスト文章などはお客様に考えて頂くことになりますので、ここに原稿を作成するにあたり、注意する点や手順を記載させて頂きますので、ご参考になれば幸いでございます。 文書データ、イラスト、写真を送付いただければ、レイアウトを施し、FAX送信原稿を作成いたします。手書きでかまいませんので大まかなレイアウト指定をFAXしていただければよりイメージに近い原稿を作成することが可能になります。 原稿製作料: (A4) 18,000円~/枚  素材加工:なし  製作日数:2日~5日  •複雑な素材加工が必要な場合別途費用の相談が必要です •Macで作成した原稿は、Windowsで開くことができれば問題ありません。 •公序良俗に反するFAX原稿の送信はお受けできません。あらかじめご了承ください。
FAX送信は手紙と同じ要領で
FAX送信は、年に4回くらいが適量です。手紙ですと年賀状と暑中見舞いですから、春秋のキャンペーンのつもりで送信するのが良いかと思います。定期的に送信するようにしますと、これを楽しみに待っているお役様も現れ固定客層を掴んでいくことも出来るようになります。

コラム

名簿リストの由来

 名簿リストの種類についてお話しますと、年齢別名簿リスト・所得層別名簿リスト・職業別名簿リスト・趣向別名簿リスト・住所別名簿リスト・スポーツ系・オタク系リスト・学歴別名簿リスト等様々です。各々に特徴があり、同じ購入傾向が見受けられますので、留意することが必要です。

 年齢によって必要な売れる商品の例をあげますとランドセル・塾・予備校・ブライダル業者・マンション業者・仏壇業者などであり、高額所得者群は、貴金属・株投資・高級車・別荘・海外旅行となります。以下このように特徴を持って必要品が生まれます。

業者業界別販売のピーク

■1月 初 売
一月は元来、年の初めという事で年賀の挨拶等から始まり新年会など親睦的行動があり何かとお金を使います。業者販売店も初売商戦でサービス合戦となります。

■3月 送別業者販売
 会社の人事異動や卒業及び業者決算が多いという事で、送別会・業者引越などの会社決算対策・業者事業出費に予算を使う時期です。
■4月 新年度販売
 会社入社・入学赴任や歓迎会などが多く、挨拶を兼ねた業者懇親会が多く企画され、会社研修や会社説明会が多く企画されます。
■7月 お中元商戦
 お世話になったあの人へや先祖供養のための里帰りなどの準備に入ります。夏休みなどもあり、会社費用もかさむ時期です
■12月 お歳暮商戦
 クリスマスや正月準備のための出費があり、業者へのお歳暮もこの時期に行います。