リスト営業による営業成績のアップはリスト業者「ターゲット」へ!

トップページ

株式会社ターゲット TOP > リスト営業のお勧め

TOPICS

リスト営業のお勧め
リスト営業サポートの「ターゲット」は、お客様に営業成績アップの為、最適検索条件にてリストを絞込み提供します。地域・職業分類・男女別コードなどは、お客様の業績を大きく左右しますので特に営業的に重要です。
リスト営業を是非ご考慮くださいませ。

営業サービス案内

リスト営業の流れ
 1.リスト営業ターゲットの選定  2.絶対に成果の出る営業アプローチの方法  3.決定権者との営業面談方法  4.キーマンと出会った場合の対応  5.営業提案の仕方~提案リスト成方法  6.営業クロージング

会社営業サービス案内

リスト営業に求められる人物像
1、目標リスト(社内やお客様との約束など)を必ず達成営業するぞ!」という強い責任感のある人  2、リストチャレンジ精神を持っている人  3、「できない」「難しい」と立ち止まるのではなく、「出来る&やれる方法」を考え出そうと創意工夫ができる人  4、自他ともに客観的に分析し、冷静にコミュニケーションが取れる人  5、「気合と根性」を持ち合わせ、「営業企画力と行動力」で勝負できる人。
リスト営業勝利の方程式
 個人情報保護法が施行されて以来、個人向けに電話営業をするリストは限られていますが、法人営業リストの場合は、業種別や色々な選出が出来ます。自社の商品リストを鑑み、サービスの販売戦略を練らねばなりませんが、まずターゲットリストとなる法人リストを集めることになります。法人向けにテレアポや電話営業をはじめる場合、リスト基本事項は個人と同じです。ただ企業間取引の場合、お互いに営業ビジネスになるというのが大前提です。電話などで、アプローチして、契約購入するという流れは、個人も法人も同じです。競合商品と比較して自社のポジションなどを明確にして、購入や導入することで双方のメリットが生じるということが企業間取引になります。
営業リストの主な内容
法人名、郵便番号、住所、電話番号、業種名 CSV、EXCELでのリスト提供で、市販ソフト(WORD・EXCEL・宛名ソフトなど)に取り込みも可能です。電話帳リストを使って、マーケティング活動を実施している方には、フィットします。当社にて、リストは業種分類されておりますので、必要な業種だけを購入することができ、郵便番号や電話番号で並べ替えも簡単です。これからの、営業ツールとして是非ご採用ください。

会社トピックス

■営業の職務は、以下の5つをこなす事である。
1.リストを作る  最も効率よく売れるであろうターゲットを絞り込むということです。法人向けであれば業種や業態、従業員数等、個人向けであれば年齢層や家族構成、年収等。リスト作りは、最終的な成果の基になるものなので、これを間違うと、その後のプロセスで大きく効率(時間・労力・コスト)が変わってきます。
2.見込客を作る  端的にいうと「興味を持って話を聞いてくれるお客様」と「提供する商品ができること」のマッチングが成立するか否かのジャッジです。もちろん、お客様自身も気付いていない潜在ニーズを、ある程度顕在化させてからの話です。
3.アポイントを取る  これは、商談成立の担保です。正式なアポイントなしに、初対面で成約まで繋げるのは至難の業です。物語の起承転結に例えるなら、起承まではアポイントを得るまでに完了させておくことです。
4.商談  途中悶着はあっても最終的に必ず「じゃあ、契約しよう」という結論をいただく場です。「No」という判断を招いた原因は商談に至るまでの準備不足か、商談の流れを間違ったか。そう捉えることをお奨めします。
5.アフターフォロー  これがない営業活動は、永久に出口のないトンネルの中にいるようなものです。お客様の満足、笑顔、延いては信頼関係によりいただけるご紹介が、営業パーソンにとっての何よりの栄誉であり、薬であり、刹那的な営業から恒久的な営業へシフトするための非常に大事なファクターです。各業界で活躍されている営業パーソンのほとんどが、いわゆる「紹介営業」によって、高い成果を上げていることは言うまでもありません。
 
 

コラム

名簿リストの由来

 名簿リストの種類についてお話しますと、年齢別名簿リスト・所得層別名簿リスト・職業別名簿リスト・趣向別名簿リスト・住所別名簿リスト・スポーツ系・オタク系リスト・学歴別名簿リスト等様々です。各々に特徴があり、同じ購入傾向が見受けられますので、留意することが必要です。

 年齢によって必要な売れる商品の例をあげますとランドセル・塾・予備校・ブライダル業者・マンション業者・仏壇業者などであり、高額所得者群は、貴金属・株投資・高級車・別荘・海外旅行となります。以下このように特徴を持って必要品が生まれます。

業者業界別販売のピーク

■1月 初 売
一月は元来、年の初めという事で年賀の挨拶等から始まり新年会など親睦的行動があり何かとお金を使います。業者販売店も初売商戦でサービス合戦となります。

■3月 送別業者販売
 会社の人事異動や卒業及び業者決算が多いという事で、送別会・業者引越などの会社決算対策・業者事業出費に予算を使う時期です。
■4月 新年度販売
 会社入社・入学赴任や歓迎会などが多く、挨拶を兼ねた業者懇親会が多く企画され、会社研修や会社説明会が多く企画されます。
■7月 お中元商戦
 お世話になったあの人へや先祖供養のための里帰りなどの準備に入ります。夏休みなどもあり、会社費用もかさむ時期です
■12月 お歳暮商戦
 クリスマスや正月準備のための出費があり、業者へのお歳暮もこの時期に行います。