名簿売買の「ターゲット」は、貴社名簿売買主力です。

トップページ

株式会社ターゲット TOP > 名簿売買のお勧め

TOPICS

名簿売買のお勧め
名簿売買のサポートの「ターゲット」は、お客様に売買業績アップの為、最適検索条件にて絞込み提供売買します。地域名簿・職業分類・男女別コードなどは、お客様の売買業績を大きく左右しますので特に営業的に重要です。
名簿売買の営業を是非ご考慮くださいませ。

営業サービス案内

名簿売買の流れ
 1.売買営業ターゲットの選定  2.絶対に成果の出る売買名簿アプローチの方法  3.売買決定権者との営業面談方法  4.売買キーマンと出会った場合の対応  5.売買提案の仕方~提案書作成方法  6.売買営業クロージング

会社営業サービス案内

名簿売買営業に求められる人物像
1、目標(社内やお客様との約束など)を必ず達成売買するぞ!」という強い責任感のある人  2、名簿リストチャレンジ精神を持っている人  3、「できない」「難しい」と立ち止まるのではなく、「売買出来る&やれる方法」を考え出そうと創意工夫ができる人  4、自他ともに売買事実を客観的に分析し、冷静にコミュニケーションが取れる人  5、「気合と根性」を持ち合わせ、「売買企画力と行動力」で勝負できる人。
名簿営業勝利の方程式
 名簿に関する個人情報保護法が施行されて以来、個人向けに電話売買をする名簿は限られていますが、法人売買の場合は、業種別や色々な選出が出来ます。自社の商品やサービスの売買戦略を練らねばなりませんが、まずターゲットとなる法人名簿を集めることになります。法人向けにテレアポや電話売買をはじめる場合、リスト基本事項は個人と同じです。ただ企業間売買の場合、お互いに売買ビジネスになるというのが大前提です。電話などで、アプローチして、売買契約するという流れは、個人も法人も同じです。競合商品と比較して自社のポジションなどを明確にして、売買や導入することで双方のメリットが生じるということが企業間取引になります。
売買名簿の主な内容
法人名、郵便番号、住所、電話番号、業種名 CSV、EXCELでのリスト提供で、市販ソフト(WORD・EXCEL・宛名ソフトなど)に取り込みも可能です。電話帳名簿リストを使って、マーケティング活動を実施している方には、フィットします。当社にて、リストは業種分類されておりますので、必要な業種だけを売買購入することができ、郵便番号や電話番号で並べ替えも簡単です。これからの、売買ツールとして是非ご採用ください。

会社トピックス

支配される国民
 ここ数日ニュース番組の内容は海上保安庁の職員がユーチューブに尖閣諸島におけるビデオを売買流出させた事をとりあげている。海上保安庁職員の行動に対して、逮捕するべきか否かが議論されている。個人的には職員を擁護したいと思うが、法治国家として法の下で裁かれるべきではないか?ここがあいまいになる事が全てにおいてなし崩し的になることにつながりあるゆる面で法律が機能しなくなる恐れがあるからだ。 そのことよりも一連の出来事は、何かおかしい気がする。 それはユーチューブに流出するタイミングだ。 一週間ほど前に警視庁の内部情報が漏洩しネット上に流出したあとに、今回の尖閣ビデオ流出だ。 以前から政府は、インターネットの規制売買を考えているので、度重なる重要情報の流出を自作自演し、ネット規制に拍車をかけているのではないかと考えてしまう。 インターネットの普及により国民は知りたい事を自由に調べることができるようになった。 真実を追究するうえで非常に優れたツールだ。 権力側から見ると、このツールの普及は国民をだましておけなくなり、不都合な真実を隠せなくなるのが怖いのだろう。 インターネットは優れた部分だけでなく負の面もあるが、明らかにプラスの面が大きい。 この優れたツールに規制がかかることは独裁国家へのはじまりである。 今後の情報流出、ネット規制については注目していきたい。
 
 

コラム

名簿売買の要旨

 名簿リストの種類についてお話しますと、年齢別名簿リスト・所得層別名簿リスト・職業別名簿リスト・趣向別名簿リスト・住所別名簿リスト・スポーツ系・オタク系リスト・学歴別名簿リスト等様々です。各々に特徴があり、同じ売買傾向が見受けられますので、留意することが必要です。

 年齢によって必要な売れる商品の例をあげますとランドセル・塾・予備校・ブライダル業者・マンション業者・仏壇業者などであり、高額所得者群は、貴金属・株投資・高級車・別荘・海外旅行となります。以下このように特徴を持って必要品が生まれます。

売買のピーク

■1月 初 売
一月は元来、年の初めという事で年賀の挨拶等から始まり新年会など親睦的行動があり何かとお金を使います。業者販売店も初売売買でサービス合戦となります。

■3月 送別業者販売
 会社の人事異動や卒業及び業者決算が多いという事で、送別会・業者引越などの会社決算対策・業者事業売買に予算を使う時期です。
■4月 新年度販売
 会社入社・入学赴任や歓迎会などが多く、挨拶を兼ねた業者懇親会が多く企画され、会社研修や会社説明会が多く企画されます。
■7月 お中元商戦
 お世話になったあの人へや先祖供養のための里帰りなどの準備に入ります。夏休みなどもあり、会社費用もかさむ時期です
■12月 お歳暮商戦
 クリスマスや正月準備のための売買出費があり、業者へのお歳暮もこの時期に行います。