新規名簿による新規業績のアップは名簿業者「ターゲット」へ!

トップページ

株式会社ターゲット TOP > 新規名簿営業のお勧め

TOPICS

新規名簿営業のお勧め
新規名簿営業サポートの「ターゲット」は、お客様に新規営業成績アップの為、最適検索条件にて絞込み提供します。新規の地域・職業分類・男女別コード等は、お客様の業績を大きく左右しますので特に重要です。
新規名簿を是非ご考慮くださいませ。

営業サービス案内

新規名簿営業の流れ
 1.新規名簿営業ターゲットの選定  2.絶対に新規成果の出るアプローチの方法  3.決定権者との面談方法  4.キーマンと出会った場合の対応  5.新規提案の仕方~提案書作成方法  6.クロージング

会社サービス案内

新規名簿営業に求められる人物像
1、新規の目標(社内やお客様との約束など)を必ず達成営業するぞ!」という強い責任感のある人  2、新規名簿チャレンジ精神を持っている人  3、「できない」「難しい」と立ち止まるのではなく、「出来る&やれる方法」を考え出そうと新規の創意工夫ができる人  4、自他ともに客観的に分析し、冷静にコミュニケーションが取れる人  5、「気合と根性」を持ち合わせ、「営業企画力と行動力」で勝負できる人。
新規名簿営業勝利の方程式
 新規に個人情報保護法が施行されて以来、個人向けに電話営業をする新規名簿は限られていますが、法人営業の場合は、業種別や色々な新規名簿選択が出来ます。自社の新規商品やサービスの販売戦略を練らねばなりませんが、まずターゲットリストとなる法人新規名簿を集めることになります。 法人向けにテレアポや電話営業をはじめる場合、基本事項は個人と同じです。 ただ企業間取引の場合、お互いに新規営業ビジネスになるというのが大前提です。 電話などで、アプローチして、契約するという流れは、個人も法人も同じです。競合商品と比較して自社のポジションなどを明確にして、新規導入することで双方のメリットが生じるということが企業間取引になります。
営業新規名簿の主な内容
法人名、郵便番号、住所、電話番号、業種名 CSV、EXCELでの新規名簿提供で、市販ソフト(WORD・EXCEL・宛名ソフトなど)に取込可能です。電話帳リストを使って、マーケティング活動を実施している方には、フィットします。当社にて、リストは業種分類されておりますので、必要な業種だけを購入することができ、郵便番号や電話番号で名簿の並べ替えも簡単です。 これからの、新規営業ツールとして是非ご採用ください。

会社トピックス

新規感情のコントロール
 何年か前にマスコミでキレル若者、キレル17歳、地べたリアン(コンビにの前で、地べたに座りたむろする若者)という言葉が流行っていて、若い人のマナーが悪く、感情のコントロールができないなど、社会問題になっていた。最近はどうか? 若い人だけでなく、いい年した人の公共におけるマナーの悪さが目だつような気がする。 私は新規流行を求めて、公共の図書館に行くことが多いのだが、携帯電話をマナーモード、オフにしていないおばさん、親父連中の多い事に驚きます。電話が鳴ったら、すぐ外に出て行くならまだ許せますが、電話が鳴ったらそのまま図書館内で「もしもし~」と会話が始まるのだ。それも一人や二人の話ではない。なんだか日本人がおかしくなっているんじゃないかと思いますね。 そのような場面に直面した時は自分の感情のコントロールをするいい機会だと思い心の鍛錬につながるようにしている。  最初のうちは「イラッ」とした感情をコントロールができなかったが、徐々にできるようになるから不思議です。 何でも練習が大切ですね。「人のふりみて、わがふり直せ」という言葉をアファーメーションにしている今日この頃。 皆さんも試してみて下さい。
 
 

コラム

名簿リストの由来

 名簿リストの種類についてお話しますと、年齢別名簿リスト・所得層別名簿リスト・職業別名簿リスト・趣向別名簿リスト・住所別名簿リスト・スポーツ系・オタク系リスト・学歴別名簿リスト等様々です。各々に特徴があり、同じ購入傾向が見受けられますので、留意することが必要です。

 年齢によって必要な売れる商品の例をあげますとランドセル・塾・予備校・ブライダル業者・マンション業者・仏壇業者などであり、高額所得者群は、貴金属・株投資・高級車・別荘・海外旅行となります。以下このように特徴を持って必要品が生まれます。

業者業界別販売のピーク

■1月 初 売
一月は元来、年の初めという事で新規年賀の挨拶等から始まり新年会など親睦的行動があり何かとお金を使います。業者販売店も初売商戦でサービス合戦となります。

■3月 送別業者販売
 会社の人事異動や新規卒業及び業者決算が多いという事で、送別会・業者引越などの会社決算対策・業者事業出費に予算を使う時期です。
■4月 新年度販売
 会社への新規入社・入学赴任や歓迎会などが多く、挨拶を兼ねた業者懇親会が多く企画され、会社研修や会社説明会が多く企画されます。
■7月 お中元商戦
 お世話になったあの人へや先祖供養のための里帰りなどの準備に入ります。夏休みなどもあり、会社費用もかさむ時期です
■12月 お歳暮商戦
 クリスマスや正月準備のための出費があり、業者へのお歳暮もこの時期に行います。