電話営業には、安心の「ターゲット電話営業名簿」をご活用下さい!

トップページ

株式会社ターゲット TOP > 電話営業向けの名簿

TOPICS

電話営業に最適の名簿を!
電話営業名簿の「ターゲット」は、お客様に販売業績アップの為、最適検索条件にて電話営業名簿を絞込み提供します。地域・職業分類・男女別コード等は、お客様の業績を大きく左右しますので特に重要です。
電話営業名簿を是非ご採用下さい。

会社サービス案内

電話営業スクリプト「台本」について
電話営業で話す要点を事前に整理書き留めて、その通りに話す電話会話する事で、相手に良く電話内容が伝わります。思いつきで電話すると、言っている事が毎回違います。 電話営業のスクリプトがあれば、毎回同じ事が言え、電話営業効率が上がります。 声だけではなかなか伝わらないので、電話営業で話す事をまとめておく事が必要です。 こうすると相手に伝わります。また、電話営業の目的を会社名や名前の前に入れて下さい。 相手の方が知りたいのは、会社名ではなく「何の電話営業なのか?」「必要な電話営業なのか?」です。例えば、弊社では「アポイントの佐藤と申しますが」ではなく、「業績アップツールを販売しております、アポイントの佐藤です」と言っています。何をやっている会社かきちんと伝えています。こうする事によって、相手に必要な営業電話かどうかの判断をして頂けます。会社名を先に言うと「何の電話営業?」という疑問が生じます。相手が疑問を持つと、その段階で断れる電話営業になってしまいます。電話営業スクリプト作成のポイントは、電話営業の目的を最初に告げる事です。

会社サービス案内

電話営業のおすすめ
販売効率の良いターゲットの名簿活用による電話営業を、お勧めします。 名簿活用による電話営業は、コツを掴めば電話だけでアポイントを掴んで、計画的な営業活動が出来ます。 経費安価で高成績を上げるには名簿活用による電話営業が最適です。 名簿活用による電話に慣れますと殆どの事は電話で完結させることも出来ます。 電話営業には色々な注意事はありますが、是非お取り組みくださいませ!
電話営業は団体行動で!
一日一時間でも良いですから営業部員全員で電話営業タイムを創りましょう。 全員で電話営業を一斉に行うことは、内部の士気もアップしますし、セールストークや営業力が格段にアップして来ます。 一斉電話営業ですから、お客様にもその音が響き渡り「電話営業会社の勢い」と「電話営業の漲る活気」も合わせて伝わることにより、当然業績アップにつながってきます。 一斉電話営業スタイルを是非ご採用ください。
答え(実績)から問題(商品)を解く!
会社内の18000冊にも及ぶ名簿蔵書も業界業者に先駆けて、着々とPDF化を進め、まもなく全名簿蔵書のオンラインによる閲覧サービスも可能となります。 名簿蔵書のPDF化は名簿リストの加工・運用をスピードアップするだけでなく、名簿検索コストを大幅に短縮し、各店舗のお客様へのサービスを大幅に改善いたします。

会社トピックス

販売商品の説明を先にしてはいけない
多くの電話営業担当者に言えますが、自社商品やサービスを提案したいために、その良さをアピール営業する意味で、ここぞとばかりに商品の電話営業してしまうことです。 もちろん、営業商品の説明は必要ですから、間違いではありませんが、その説明の仕方に問題があると言うことに、気が付いていない事が多いんです。 まず、電話営業名簿による電話営業で最初にしなければならないのは、相手が考えていることを察して、今かかえている問題点をさりげなく電話営業担当者が聞き出す事であって、あなたが説明したいことを先に語っても、相手は聴く耳を持ってくれません。 つまり、営業担当者からの一方通行になってしまうからです。 これでは、聞いている側は、ただ聴かされているだけですから、「その話しなら、もうけっこうですから・・」となってしまうのです。 そこで、営業担当者がすることは、電話や会話を通じて相手の問題をさりげなく聞き出し、会話を両方向に通じさせることです。 そして、人は自分のことになればなるほど興味を持ちますから、自分に関する話題を出す事によって、あなたの話しも聞いてくれるようになるのです。
 
 

コラム

名簿リストの由来

 名簿リストの種類についてお話しますと、年齢別名簿リスト・所得層別名簿リスト・職業別名簿リスト・趣向別名簿リスト・住所別名簿リスト・スポーツ系・オタク系名簿・学歴別名簿リスト等様々です。各々に特徴があり、同じ購入傾向が見受けられますので、留意することが必要です。

 年齢によって必要な売れる商品の例をあげますとランドセル・塾・予備校・ブライダル業者・マンション業者・仏壇業者などであり、高額所得者群は、貴金属・株投資・高級車・別荘・海外旅行となります。以下このように特徴を持って必要品が生まれます。

業者業界別販売のピーク

■1月 初 売
一月は元来、年の初めという事で年賀の挨拶等から始まり新年会など親睦的行動があり何かとお金を使います。業者販売店も初売商戦でサービス合戦となります。

■3月 送別業者販売
 会社の人事異動や卒業及び業者決算が多いという事で、送別会・業者引越などの会社決算対策・業者事業出費に予算を使う時期です。
■4月 新年度販売
 会社入社・入学赴任や歓迎会などが多く、挨拶を兼ねた業者懇親会が多く企画され、会社研修や会社説明会が多く企画されます。
■7月 お中元商戦
 お世話になったあの人へや先祖供養のための里帰りなどの準備に入ります。夏休みなどもあり、会社費用もかさむ時期です
■12月 お歳暮商戦
 クリスマスや正月準備のための出費があり、業者へのお歳暮もこの時期に行います。